【初めて恋をした日に読む話】第8話の見逃し配信動画の無料視聴方法とあらすじ・ネタバレ感想を紹介【はじこい】

この記事では、TBS火曜夜10時放送のドラマ『初めて恋をした日に読む話』第8話見逃した方のために、第8話のフル動画を無料で見る方法や、視聴者口コミ感想などをまとめています。

 

これまでの『初めて恋をした日に読む話』の見逃し動画は、「Paravi」を利用すれば、無料で見られます。

Paraviでは、中学聖日記下町ロケットなどTBS系の作品などが定額見放題登録月(最大31日間)は無料

無料期間中はいつでも解約できて料金も発生しないので、『初めて恋をした日に読む話』を全話お得に楽しむことができます!

 

\登録初月は無料でドラマ見放題/

無料期間内に解約すれば料金は一切発生しません

 

『初めて恋をした日に読む話』第8話の放送は3/5予定

予告動画を見ただけでもキュンキュン展開が予想できますね。山下君とのデートも楽しみ〜

チーズ

なまはむ

山下君みたいな強引さも必要なんですね〜

第8話の放送までの内容を見返したくなっちゃった

チーズ

なまはむ

Paraviを使えばこれまで放送されたところまで全話一気に見ることができますよ

 

Paraviでは、中学聖日記下町ロケットなどTBS系のドラマが最大31日間は無料で見放題

無料期間中に解約すれば料金は発生しないので、『初めて恋をした日に読む話』をお得に楽しむことができます!

 

\登録初月は無料でドラマ見放題/

無料期間内に解約すれば料金は一切発生しません

 

各ドラマの視聴率が気になる方は「【視聴率一覧】秋ドラマ(2018年10月〜12月)の各話視聴率まとめ」からどうぞ。

 

『初めて恋をした日に読む話』第8話の予告動画&あらすじストーリー

初めて恋をした日に読む話 第8話あらすじ

牧瀬(高梨臨)が経歴詐称していた影響から「花恵会」が規則を厳格にした為、特例での匡平(横浜流星)の受講は撤回になってしまった。

 

理数科目もすべて「山王ゼミナール」で教えることになり、順子(深田恭子)が匡平に数学を教えていると牧瀬が姿を現す。

 

そして指導方法や授業プランを自らがまとめた授業ノートを順子に渡した。ノートを見た順子は牧瀬にある提案を…。

 

その夜、美和(安達祐実)の声掛けで、順子・牧瀬・雅志(永山絢斗)のメンバーでプチ同窓会のような飲み会をしていた。

 

そこに山下(中村倫也)が現れ驚く順子。

 

「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と牧瀬がそれぞれデートをする流れになってしまう。

 

一方、東大模試に向けて自宅で勉強をしていた匡平は、父親の菖次郎(鶴見辰吾)が電話で揉めている声を聞き不安になる。

 

様子を窺う匡平だったが、菖次郎から初めて優しい言葉をかけられ、嬉しさを隠せない。

 

迎えた東大模試当日、匡平のことが気にかかりながらも順子は山下とデートする。

 

夕方、模試が終わり順子と匡平は、牧瀬も交え自己採点をしてみたが、予想ではE判定・・・。

 

順子は匡平を励ますが、逆に順子が山下といるところを目撃した匡平から問い詰められる。

 

とっさに順子はデートしていたと正直に告白すると、匡平は嫉妬して帰ってしまう。

 

翌日、順子は山下から、匡平が学校を欠席したと聞く。

 

そして、雅志からもカフェで勉強していた匡平を自分の家に連れて行ったと聞いた順子は、匡平の状況が気になって仕方がない。

 

さらに翌日、匡平が塾を欠席すると連絡が入り、心配する順子は何度も匡平に電話をするが繋がらず…。

 

そんな中、匡平が欠席している学校の授業中に教頭が山下を呼びに来た。そして、呼ばれた先で山下が見たものは…。

画像・文章の引用元:https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/

 

『初めて恋をした日に読む話』第8話の動画視聴者の口コミ感想(若干ネタバレあり)

 

『初めて恋をした日に読む話』の第8話の感想・口コミを見ていると、といった声がよく見られました。

 

 

10代女性

自分も受験という立場にいて、テレビなんて見ちゃダメだって思っているのにこのドラマはどうしても気になって、見てしまっています💦
進路について、不安になることもあるけれど、深キョンのセリフの一つ一つが自分に言われているような気がして、自然とパワーが出てきます。
このドラマが、大好きです❤️

30代女性

やっぱりこのドラマ楽しいー。
中村倫也さん
今まで見た役の中で一番好きです。
茶髪がとっても似合っています。
可愛い深キョンが主役で良かった。

20代女性

中村倫也さん演じる山下くんが出てくるシーンが1話よりも多い2話だったのでとてもドキドキきゅんきゅんしながら観てました❤️
この4角関係がどうなるのか楽しみです!

20代女性

彷徨いながら自分探しを続けて、やっと今が自分らしいと認識出来て良かったなと思いました。充実していると忙しいですよね。何でもいいから目標を立てること、コツコツの積み重ねが肥やしになると思います。自分にあてた手紙っていいですよね。大人になった自分を想像するのって本当に難しいと思うけれど、自分らしくいられるようにしたいな。

 

 

『初めて恋をした日に読む話』第8話の見逃し無料動画のフル視聴方法

 

『初めて恋をした日に読む話』。

そんな『初めて恋をした日に読む話』を見逃した方向けに、各話の動画を無料で見る方法を紹介します。

『初めて恋をした日に読む話』を見逃した方が、ドラマを無料かつ安全に見る方法には種類があります。

無料で動画を見る方法は3つ!

  1. 公式サイトを使う方法
  2. 公式サービスを使う方法

 

1. 公式サイトを使う視聴方法(放送から1週間以内限定)

『初めて恋をした日に読む話』の放送後、1週間以内であれば、TVerというサイトで、見逃し動画配信で最新話を観ることができます。

TVer:無料視聴はこちら

 

2. 公式サービスを使う視聴方法(放送から1週間経過した場合)

『初めて恋をした日に読む話』のドラマ放送後、1週間経っている場合、動画配信サービスを利用して、『』の各話を見ることができます。

 

 
動画配信サービス名見逃し配信可否
music.jp
FODプレミアム×
Paravi
Hulu×
dTV×
ビデオパス×
Netflix×
アマゾンプライムビデオ×

 

 

 

『初めて恋をした日に読む話』を含むドラマを無料で見れるおすすめ動画サービス

ドラマを無料で見れる国内のおすすめ公式サイト・動画サービス一覧

 

Paravi(パラビ)で見逃し配信がお得に楽しめる!

Paraviは、株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが提供する動画配信サービスです。

設立は2017年7月ですが、サービスの開始は2018年4月から始まった比較的新しく、最近さまざまなメディアでParaviの広告を見かけることが増えました。

Paraviの月額料金は925円で、一部4K放送にも対応している作品約8,000本を楽しむことができます。(一部見放題対象外作品も有)

独占作品も多く、Paraviでしか見られないドラマも結構あります。

 

 

Paravi(パラビ)の月額料金

Paravi(パラビ)の月額料金

Paraviの月額料金は925円で、約8,000本の作品が見放題です。

無料で視聴できるコンテンツはありませんが、1か月の無料体験が可能で、無料体験期間中も毎月1日に300円分のParaviチケット(優待チケット)が一枚獲得できます。

Paraviチケットはレンタル作品(有料作品)の支払いに利用できます。

Paraviを楽しむ方法は以下の2種類です。

  • 見放題動画をみる(基本料金のみ)
  • 動画をレンタルする(基本料金+追加料金)

 

基本料金というのはParaviの月額料金925円です。

毎月獲得できるParaviチケット(300円分)をうまくかつようすれば、基本料金だけで別途料金を払わなくてもレンタル作品を楽しむことが可能です。

 

 

ParaviではTBS系の最新ドラマ・バラエティを独占見逃し配信

Paraviはドラマに定評のあるTBSの作品(下町ロケット)を中心に、多くのドラマ・バラエティの見逃し配信を行っています。

2018年の最終クールで言うと以下のドラマが配信されています。

 

また「逃げるが恥だが役に立つ」といった、過去の人気ドラマも数多く配信されています。

Paravi(パラビ)の特徴・コンテンツ1

 

Paraviのオリジナルコンテンツ

Paraviではテレビドラマのほかに、Paraviオリジナル作品も配信しています。

2018年10月現在配信されているオリジナルコンテンツとして人気なのは「tourist」です。

Paravi(パラビ)の特徴・コンテンツ2

huluやAmazonPrimeVideoと比較すると、本数は少ないですが、リリースしたばかりのサービスですのでこれからの作品数増加に期待できます。

 

早速Paraviに登録して作品を見まくる

 

 

『初めて恋をした日に読む話』キャスト&スタッフ

『初めて恋をした日に読む話』キャスト&スタッフ

『初めて恋をした日に読む話』のキャストとスタッフを紹介します。

 

『初めて恋をした日に読む話』キャスト

原島浩美 – 真木よう子

加東亜希彦 – 丸山隆平

 

『初めて恋をした日に読む話』スタッフ

原作 – 周良貨・夢野一子『この女に賭けろ』(講談社モーニングKC刊)

脚本 – 西田征史

プロデューサー – 稲田秀樹・阿部真士・八巻薫(MMJ)

監督 – 星野和成、小野浩司

音楽 – 信澤宣明

制作 – テレビ東京、メディアミックス・ジャパン

 

[ドラマラスト]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です